百貨店とインバウンド売上が大変ですね

百貨店とインバウンド売上が大変ですね

こんにちは、こんばんはしゅんたろうです。

いきなりなんですが、僕、最近とても暇です。やることが無いとかって訳でもないですけど、期限に追われる様な事がないです。

2月までは色々と仕事に追われていたんですけどねー、3月、仕事が具体的にまったく進みまないなー。

企画/生産、講義、会議、イベントなどなど… 様々な案件がトバされる、もしくは進行が止まってる…。

アイツですよ。もちろんアイツのせいです。自分、もう結構怒ってますよ。

コロナウイルスですよ、マジでアイツ調子乗りすぎです。

「そんな事言ったって仕方がないでしょ」そんな事もちろんわかった上で、不満吐き出してるだけです。

そんなアイツがアパレル業に与えている影響は以前に他でまとめてるので、暇な人はどうぞ。

ここでは書いてなかった(書き忘れた)んですが、小売店、百貨店の売上げ不振です。

リーマン再来、百貨店売り上げ「2ケタ減」の衝撃

コロナ不況「インバウンド売上減」で地獄の様相。観光・百貨店は直撃、家電量販店は3月10日に大勢判明

実際にコロナウイルス関連ニュースを調べると、こんな物騒な見出しのニュースが直ぐにでてきます。

「百貨店は中国人頼りにしていたからでしょ?」という言葉が秒で飛んできそうですね。

これ聞く度に思うんですけど、インバウンド依存の事業なんていくらでもありますよね。

なのに「ここで中国人観光客に頼っていなかったら…」というような、インバウンド依存が良くないかのような言い方には疑問を覚えます。

確かに今の状況に胡坐をかいて、何のリスクヘッジやこの先に向けての動きを行わないのであれば、いかがかとも思いますが、単純に頼れる部分があるのは良いことではないの?

本当はインバウンド依存がどうたらとかじゃなくて「観光スポットや自分達の生活圏に外国人がいない!これが本来あるべき姿だ!」とか言いたいだけでしょう?どうなんだよ?

話逸れるけど、日本が好きで、この国の文化に興味を持って、観光業や小売業の経済活動に貢献してくれる人たちをそういう扱いをするのってどうなんでしょう。

それに、そう言う人達の大半が気にしているというか、怒っているのって、マナーの部分ですよね?

「彼の国はー」「国民性が違うー」とか、特定の国に対してそう言う発言をよく耳にします。

確かにマナーの良い悪いはあるけれど、それって「その人間個人」の話であって国民性なんて曖昧な言葉で一括り出来るものでもないんじゃないでしょうか?

僕も海外旅行中はこの国のマナーを守ってって意識しますが、自分の中では大丈夫という行動も、その国の人達にとっては不快、迷惑だったりする行為もあるかもしれません。

それでも、基本的にはどこに行っても親切にしてもらえることの方が多いです。

それに百貨店で洋服売ってる時でも、めちゃくちゃ丁寧な振る舞いで、嬉しそうに大量に購入してくれる外国人もいれば、商品を雑に扱い、散々脱ぎ散らかしながら、一点も買わずに出ていく日本人だっていますよね。

各々その国に「マナーが良い人」「マナーが悪い人」がいるだけの話です。

それに、昔の日本人観光客だってマナーが悪くて煙たがられていた時期もあったじゃないですか。

自分たち日本人も同じ道を通って来たのに過去のことを棚上げして「マナーの悪い外国人は排除」なんて考えはダサいかと。

言いたい事は言ったので、冒頭の話に戻すと、時代が変わっている以上、今回の新型コロナウイルスと関係なくても、いつかはインバウンド依存に陰りが見えて来る事にはなっていたでしょう。

新しいことを模索しなければ取り残されるだけ。

アメリカでもバーニーズニューヨークの破綻やメイシーズの125店閉店報道など、日本でいうと、三越伊勢丹と阪急阪神が倒れたってぐらいに衝撃的な出来事もありました。

取り引き形態の違いはあるにせよ、古い小売りの手法が通用しなくなっていることが改めて鮮明になっているのかもしれませんね。

とまぁ、大して百貨店に言いたいことなんてのもないので、この辺にしておくとして、それよりもここ数ヶ月はどうも日本全体の雰囲気が息苦しい感じます。

みんな大変!みんな頑張ろう!そしてこれまでと変わらず優しさと強さのある日本でいましょう。

そんな風に乗り越えていきたいなと思う所存です。