ギャル男や中国人が着ればダサいブランドなのか

  • by

「あのブランドはもはやギャル男か中国人しか着ていないからダサいよ。」

そんな発言がSNS他、ファッショニスタ達の間で頻繁にあがる。

最近よくこの手の会話のやり玉に上がっているのはSupreamだ。

Supream?ってなる人は、そもそもファッションに興味など無いのだろうとも思うが、原宿らへん歩けば必ず1人は着用してる人を見かける様な、長方形にSupream書いたロゴが目印のブランドと言っておこう。

まず「Supreamが人気かどうか?」は、メルカリやヤフオクででもSupremeの代表作のボックスロゴTシャツを検索して欲しい。

定価は7,000円程度とごく普通の値段が、様々な種類があり種類によっても違うが50万円を超す様な値段で売られている。

それを見れば明らかに人気があると言えるだろう。

ではなぜ、一般的に人気があるのにファッショニスタに言わせるとダサいとなるのだろう。

それが問題の論点、つまりギャル男、中国人が着るとダサいという箇所、それが正しいのかどうか?今日はこの考察を深めていく。

中国人のファッション

中国人が着るとダサいのか?結論から言うとそんな事は当然ない。

ではなぜ、その様に言われるのかを中国のファッション事情から考えよう。

ボクの知り得る限り「TPOをわきまえた服装」はまだ中国に浸透していない様に感じる。

日本でそんな事をすれば、10年も20年もいじり倒されそうだが、デニムで結婚式に出席することも中国では珍しくない。

他にもまだまだ未成熟なファッションに関してのエピソードは存在するが、そんな環境下でも、とくに消費力が高いYoung Richと呼ばれる若い世代もいる。

自分の父親の世代のようなダサい服(おそらく日本人が中国人でいちばんよく思い浮かべる鮮やかな色のTシャツやロゴがドーンなTopsにデニム、スラックス、短パン、スニーカー、サンダルなど)を着たくないと随分おしゃれに敏感なっている。

だいたい、日本人が見ている中国人と言っても10億人以上いる中国人全体の中ではごく一部の人々でしかない。

つまり、こんな事を言わなくとも明らかだが、中国人が着る=ダサい なんて方程式はまったく成り立たない。

ギャル男の定義について

次に、「ギャル男が着るとダサい」という疑問にもアプローチしよう。

少々調べたところギャル男については定義とまでは言えないものの、wikipediaによって一定の解釈が存在する。

それによると、ファッション雑誌「Men’s egg」の創刊に伴い、Men’s eggが提案したファッションを受け入れた男性たちを指すそうだ。

感のいい方はお気づきだろうが、Men’s eggは既に現代には存在しない。

そうなると、明確に特定の人物がギャル男かどうかを判別することはできない。

では少し解釈を広げ、ギャル・ギャル男を中心に熱狂的なファンを持つと言われるEXILEを摸したスタイルをしている若者達をギャル男と呼べばいいか?

いや、それも無理があるだろう。

それどころかEXILE好き=ギャル男なんて公に言えば、狂信的なファンが怖くておちおち夜道も歩けなくなりそうだ。

EXILEのスタリングを主に担当しているMASAH氏にしてもギャル男の要素など皆無だ。

ここまでの情報だけでも、現代社会においてはギャル男などそもそも存在しない、したとしてもMen’s eggとSupreamを関連つける事は困難と考えていいだろう。

よってギャル男が着るとダサいという点においても、立証することはできない。

もう少し掘り下げてみる

既にギャル男にしても、中国人にしても、=ダサいとは定義つける事ができなかったが、広域に準ずるものが存在する可能性、なぜそういった発言が生まれるかについても考えてみる。

いくら論理的にギャル男が絶滅してるとて、中国人皆がダサい訳がないとは言え、一般的と言えるレベルにはそういった認知がされている事も事実だ。

それは、人が耳で聞いた内容を三日後に記憶している割合は10%程度であり、同じ内容を視覚的に感じた場合は35%まで飛躍する事と関係がありそうだ。

だからこそ一概に発言者を断罪することも出来ないかもしれないが、問題になるのは、ギャル男、中国人が特定のブランドを着るとダサいかである。

確かに過去ギャル男と呼ばれた人間、日本に観光に来てい中国人においては、粗暴でルールを守らない人間が多かった。

何を参考にすればその様なスタイルが完成するのか、検討がつかない様な人々もいたのは事実だ。

そして、ギャル男という定義が無い現代においては、ギャル男の特徴でもあった全体的に痩身、細身(タイト)な服装、しばしば極端に焼けた肌、馬鹿デカいサングラス、派手で痛んだ頭髪の人間を今でもギャル男と認識しているのだろう。

とはいえ、基本的に違反行為を行ったり、粗暴で乱暴な言動のマジョリティーであるがゆえにダサいと断罪されてしまっているだけではないか?

行動は確かにダサいかもしれないがファッションにフォーカスすれば、それらはなんの関係もない。

彼らの陰に隠れた本当にダサい人間達が着ている可能性は発言において考慮されていない様にもとれる。

そう考えると、やはり冒頭の発言は些か乱暴な発言であり、情報時差を食い扶持にするファッション業界の人間による、「ポジショントークのための犠牲」とされてしまっている様にも取れ、ギャル男や中国人に申し訳ない様にも感じられてしまう。

情報時差など現代にはないのだから

ここまで読んでいる人は、これを書いている様なボクになど絶対に言われたくないだろうが、よっぽど暇なのではと思う。

それか呆れるくらいの忍耐力でもあるのだろう。

はっきり言って、ボクは冒頭の発言をする様な人間を心の底からバカにしている。

だって、そもそもこんなにダラダラと書き綴らなくとも、そんな訳ないじゃーん、一体何の立場からの意見だよってなるのだから。

しかし、では何がダサいのかどうかいう問いには、真摯に考え、回答を用意する必要も感じる。

答えは、デザインがダサいかどうかは個人の主観であり、体型によって、目の色、髪の色、体の色、年齢など着る者によって、どんなブランドもダサいと取られる可能性はある、となる。

だってそうだ、どんな格好をするのも自由だとはいえ、オーバーサイズに着る事を美徳した上で設計された洋服を豆タンクの様な体型の人間がピタピタに着るのをさすがにおしゃれとは言えないし、ダサいと言われるだろう。

その様にどんなブランドでも着る者の体型や合わせる色によってダサい=ブランドもダサいと巻き添えを食らう事はある。

冒頭の発言についてだが、現代において業界と消費者間においての情報時差など既に消滅し、ブランドやクリエーター、ファッショニスタなどギョーカイに対する消費者側の’憧れ’など大してなくなった。

そんな現実を受け止め、こういった不用意な発言をする様な自称ファッションエリートがいなくなればいいのになと星に願う事にして結びにかえる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください