instagram(インスタグラム)のタグるとは?使い方などまとめ

こんにちは増田です。

instagram(インスタグラム)の「タグる」ってご存知でしょうか?

要は#(ハッシュ)タグ検索の事なんですが、今の10代、20代前半の子達の中では、一般的なネット検索(「ググる」みたいな)よりも、ショッピングや飲食店検索を行う時にはこの「タグる」が頻繁に利用されているそうです。

その事象自体は以前から話を聞いて知ってはいたのですが、どのように使うかなんてのはまったくわからなかったので、先日仕事で大阪に行った際に、現地の学生さん達にお願いして、実際にタグりながら街ブラをしてみました。

今日はそこで教えてもらった使い方と#(ハッシュ)タグについてを簡単にまとめてみます。

#(ハッシュ)タグについて

そもそも#タグとはなんなのか?って話なのですが、簡単に言うとSNSなどの文末に使用されている「#(ハッシュ)」から始まる言葉を「ハッシュタグ」といいます。

ネット上で使われているメタ情報=ハッシュタグという風に考えていいかと思います。

SNS全般的に使用されているのですが、特にインスタグラムは、文字ではなく写真でのコミュニケーションがメインのSNSです。

写真だけでは「情報」を検索するのが難しい為、キャプションとは別に投稿者が、写真を要約して説明できる言葉をハッシュタグとしてつけることで、投稿写真がラベリングされて、検索が容易になります。

SNSではおすすめユーザーが独自のアルゴリズムによって表示されたり、ユーザー名での検索で繋がる事はできますが、ハッシュタグを設定しておく事によって、抽象的なワードや部分的なワードでも検索にヒットさせる事が可能になります。

#instagramでのタグり方

じゃぁこの「タグる」ですが、実際にやってみましょう!

例えば、僕が今青山でカフェを探しているとします。

インスタグラムの検索画面を開いて、赤枠のタグという箇所をタップします。

その画面から「青山 カフェ」や「Aoyama cafe」といった風に検索を行います。(日本語でも英語でも何語でもOKです)

すると、上記の様に検索結果が表示されます。

ここで表示されている順位は、検索の意図に近いものが上位表示されているらしいので、今回は一番上の#aoyamacafeを選択してみます。

#aoyamacafeを選択すると、上記の様に検索結果が表示されました。

このように表示された写真を見て「美味しそう」「おしゃれ」「誰々が言ってるみたいな」、といった風に自分の気になる雰囲気のお店を検索します。

この【トップ】と【最近】の違いですが、人気のある投稿と最新の投稿と思ってもらえればいいです。

パッと見た感じ、一番左上のカフェの雰囲気が僕は好きなので、選択して見ます。

お店の公式インスタグラムの様ですね。

キャプションに詳しくは記載されていませんが、最近出来たお店の様です。

その他の#タグに#sheregreenminamiaoyamaと書いているので、トランジットがOPENした芝生のあるオフィスのところの様です。

更に情報が知りたい場合はプロフィール画面をタップします。

やっぱり最近OPENしたお店の様ですね。

住所やHPが記載されているので、実際にここに行く場合や更に詳細な情報を見たい場合は続きはWEBでって感じです。

これがタグるの基本的な方法です。

今回は飲食店での検索に使用しましたが、他にも衣料品店やサービスのお店であっても同じ様に検索できます。

なんでこの「タグる」が流行っているのか?

なんでこんな検索の仕方が流行っているのかと言うと、情報の「信頼度」がネット検索に比べて高いという意見です。

実際の優劣はその人の受け取り方にもよるとは思いますが、ネット検索をすれば何でも出てきて、情報で溢れているので、「信頼度」の高い情報にこそ価値があると感じられます。

今回の検索結果では店舗の公式のものでしたが、インスタグラムの投稿は個人の感想がリアルに書かれているものが多く、要はその一つ一つが口コミです。

インスタグラムはほかのSNSと比べて、「インスタ映え」という言葉が流行っている様に、【どう自分をよく見せるか?】【どうすればいいねが付きやすいか?】など情報や写真のクオリティを重点的に考えて投稿する傾向が高いです。

そこからインスタグラムには「有益な情報(口コミ)」が集まりやすいという風になって、若い女性から支持を得ている様です。

ビジネス的な視点からもinstagramはネット販売への連携も出来るので、自社サイトへの誘導もこの様な流れから行えると思います。

関連記事:【instagram(インスタグラム)のショッピング機能とタグ映えについて。

最後に

簡潔に記載しましたが、あまり難しく考えずに使用してしみると、意外な使い方が出来たりします。

インスタグラムは年齢別の利用者割合を見ると、20代・30代女性が圧倒的に多く、30代以降の男性は数少ないですが、日々の情報だけでなく、ビジネスの視点から見ても面白い情報があります。

またインスタグラムで「ビジネスプロフィール」という店舗や会社の連絡先などを掲載できるサービスがあります。

個人としても利用できる為、インフルエンサーや個人事業主の方も作品を掲載していたりするので、PR的にはとてもメリットがあるSNSです。

特にこのブログを読んで頂いている方は、男性の方でファッション関係に従事されている方も多いいので、まだ利用していない方は、「見る」だけでも女性の趣味・趣向など、ビジネスにもきっと役立つと思います。

それではまた!!