ファッションテックもトレンドと同じように考えていない?

こんにちは増田です。

最近、アパレルでも浸透し始めてきたファッションテックですが、なんだか最近それすらもトレンドっぽく取られている様な気がします。

根本的な部分の見直しは行われなくて、トレンドの一部としてファッションテックやAIの様な言葉が先行している様に感じます。

そもそも、ファッション雑誌やメディアに載っている、今年のトレンドカラー・流行の素材とか、今年はジャケットが流行る!みたいなトレンドって、「一体誰が決めてるんだろう?」って疑問に思いませんか?

というわけで、まずはじめにファッショントレンドの作られ方のお話から。

1:はじめに流行色が決まります!

まず一番最初に決まるのが流行色です。

そんな流行色を決めているのは、インターカラーという組織です。

インターカラー(国際流行色委員会:INTERNATIONAL COMMISSION FOR COLOR)は、1963年に発足した、唯一の国際間で流行色を選定する機関です。加盟各国が提案色を持ち寄り、実シーズンに先駆ける約2年前の6月に春夏カラー、12月に秋冬カラーを選定しています。これは、世界的に最も早い時期のトレンドカラーの選定であり、インターカラー選定色の方向は、その後に発表される世界各国のトレンドカラー情報の、いわばトレンドセッター的な役割をしています。日本は発起国として設立に携わり、創立当初よりJAFCAが日本を代表して参加しています。日本国内では、インターカラー日本委員会がJAFCA内に組織され、日本提案色の選定、インターカラー決定色および各国提案色の共有が行われています。 

加盟国 (2016年12月現在16ヶ国)アメリカ / イギリス / イタリア / 韓国 / スイス / スペイン /タイ / 中国 / デンマーク/ ドイツ/トルコ / 日本 / ハンガリー / フィンランド / フランス / ポルトガル

※引用JAFCAより

その後、レディスウェア、メンズウェア、プロダクツ&インテリア、メイクアップという4つのカテゴリに分けられてJAFCA会員に対して情報が提供されます。

2:続いて、デザインや素材が決定。

流行色が決まった後は、総合的なトレンドが発信されます。

発信元は主にパリを中心としたスタイリングオフィスと呼ばれるファッショントレンド情報会社が中心になって、カラーの他に、素材やシルエットなど総合的なファッショントレンドを予測し、情報を発信していきます。

各社が、ジャンル別のトレンドブックを販売したり、トレンド予測セミナーを開催したりします。

トレンドブックは、ファッション業界プロ用のファッション誌といったところで、トレンドブックには、カラー、素材、プリント、スタイリングなど、それぞれのトレンド予測について書かれていて、価格も数十万とめちゃくちゃ高額ですが、中身も外身もかなりオシャレなので一般人でもコレクターがいたりします。

この情報を参考にデザイナーはデザイン・テキスタイルやヤーン(糸)メーカーは素材を開発していきます。

3:素材の展示会

トレンドが決まって行くと、今度は実際に素材が決定していきます。

インターカラーで国際的流行色が決まってから半年後〜1年後くらいまでの期間にヤーン展、テキスタイル展が開催されます。

4:各メゾンからのコレクションが発表

素材の展示会が発表され、先述までのトレンドを元にデザインされていきます。

もちろん、全てのデザイナーがこの流れを汲むわけでは無いですが、あまり流行の大きな流れから外れると、生地や糸などのトレンドからも外れてしまい、コストが跳ね上がってしまうので結構トレンド通りなってたりもします。

そうして、デザイナーやパタンナーが作り上げた服が、パリ、ミラノ、ロンドン、東京、ニューヨークといったコレクションで発表されます。

この段階で大体販売の半年前あたりになっていて、インターカラーで流行色が決まってから1年半かかってます。

5:ファッション雑誌・メディアからの情報発信

コレクションが発表されると、VOGUEやELLEなどのファッションメディアから情報がドンドン発信されていきます。

それと同時、少し後くらいのタイミングで、より身近なファッション誌やファッションビル系のアパレルブランドなんかに広がっていきます。

これにファッションテックが当てはめられているだけ。

以上がファッションのトレンド(流行)が出来るまでの流れなのですが、なんだか最近のファッションテックのニュースを見ていると、上記の様な作られたトレンドと同じ様に、素材やカラーがECやAIといった具合に置き換えられているだけな気がします。

IT用語で使われるソリューションとは、一般的には「回答」や「解決すること」などの意味を持つ英語です。

企業がビジネスやサービスについて抱えている問題や不便を解消することが本来の使われ方ですが、この「問題や不便を解消する」という部分が置き去りにされて、ただ流行ってるからECを開設しよう!やAIを導入してみよう!という様な感じがします。

通常、課題を理解してから商品(効果やメリット)を理解するのと同じ様に、テックに関してもまずは自分たちの課題を認識をしないと、いくらシステムを入れても無意味です。

最後に

ファッショントレンドの流れって、かれこれ50年ぐらいずっとこういう流れで作られてきていて、そういった流れが未だに残ってしまっている気がします。

それが悪い事かどうかはわからないし、ハイブランドやハイファッション誌が今も流行発信元であり、憧れの存在であることに変わりがないのかもしれませんが、今までのように何を言われても信じる崇拝の対象というレベルではないです。

氾濫する情報に踊らされることなく本質を見極めようとする人も増えましたし、今はSNSも普及し、個人や個人のセンスに注目が集まりやすい時代にもなっています。

トレンドも大事ですが、消費者に向き合う事で業績を伸ばすブランドが出てきているように、課題と向き合うことで、最適なソリューションが見えてくるのでは無いかと思います。