真面目に聞かないなら、時間の無駄だからやめて欲しい。

自分自身のマネタイズってすごい苦手で、なんだか都合のいい無料相談相手みたいな感じになってることが多いなぁって感じる今日この頃です。

これは自分の課題なんで、頑張ってどうにかするとして。

コンサルティングなんて仕事をしていると、色んな人を紹介されます。

その中で、年長者の方も多かったり、諸先輩方も多かったりするのですが、そういう人に限って、質問が雑っていうか、真面目に検討する気もなく、とりあえずなんか聞けたらラッキーみたいな感じで、適当な会話になってる事が多いんですよね。

ってな感じの事があったりで、単純に「なんかアドバイスありますか!?」とか「うちのブランドどう思いますか?」って、言われるんですが、そんなん知らないよ!って思います。

そんな風に「問い」を相手に丸投げするのは思考の放棄ってゆうかめちゃくちゃ失礼でしょ。

結果最後はなぜか自慢になるし….。

具体的に聞いて欲しい。

そんな中でも、先日打ち合わせ中のアイスブレイクって感じで、

セブンイレブンの生ビール販売ってニュースを見てて、結局一旦計画は中止ってのを見て、すげーもったいないなぁって思ってたんですけど、色々問題があったんですかね?

っていうのも、コーヒーとかそうだった様に、コンビニコーヒーとかが普及して、中途半端なクオリティーのものがなくなって来て、ファスト的なものと、嗜好的なものが区別されてきましたよね。

詳しい人とかに聞くと、コンビニコーヒーもスターバックスも同じスペシャルティーコーヒーではあるらしいですけど、そこで他に付加価値とかブランディングみたいなものがしっかりとできている会社とかお店だけが残ってる感じですよね。

だからこそビールがコンビニで発売される事で、ポジティブな圧力がかかって、ポジティブな圧力ってビジネスには大事だなぁって思うし、淘汰されないため、努力するきっかけができるんじゃないかなって思うんです。

アパレルでいうファストファッションって、このコンビニコーヒーと同じと思わないですか?

って話がありました。

いや、長いし、固いなぁって思いましたけど、これがいい質問かどうかはともかく、質問の意図は明確だし、具体的に質問してくれているなぁって気にはなりました。

思考停止している場合ではない

この話に関して言うと、「コンビニコーヒー=ファストファッション」ってのは、あながち遠くもないのかなぁって思います。

アパレルに関してもアッパーミドルとかローワーミドルとかの市場のブランドって、この人が言うように、なんらかの工夫が必要ってのは、僕も思っていることではあるんですよね。

ファストファッションとかでなくて、アパレルブランドっていうのならば、何らかのアイデンティティ的な物がある物を置いて欲しいなって。

どこにでもある様なトレンドアイテムだったり、普通のTシャツとか2,900とか3,900で買うんだったらユニクロとかGUでいいよって思っちゃいます。

対抗しないことが対抗っていうか、今D2Cみたいなブランドとかが台頭してるってのも、ファストファッションがやらない手間暇かかるところをやってるからじゃないのかなって思います。

商品だけじゃなくて、後払いとかのサービスってのも一つの手段かなぁっと。

あれも今買いたいけど買えないって人にとっては、購買に結びつく方法だと思うし、ファストファッションとかの金額で、わざわざ後払いするほど欲しいってのもあんまり無い様な気もするから、ユニクロとかはやらなそうだし。

同じ土俵に立たなくてもいいじゃない。

インフルエンサーブランドなんかと同じ土俵に立つってのも無理がありますよね。

インフルエンサーブランドって、韓国とかから買って来ただけで、作ってないってブランドもありますけど。

彼女達(彼達)と同じ土俵(SNS)で戦っても勝てるわけないです。

何倍も消費者に近い立場で、すでにフォロワーも獲得してるんだから。

僕自身はSNSで人気のインフルエンサーと、業界で働く人間が、実際はどうかってのは置いておいて、基本的には保有するスキルの性質が全く違うと思っています。

インフルエンサーを否定するつもりは1ミリもありませんが、業界の人は、しっかりと物作りの事を把握してきた上でファッションを提案しているプロじゃないのかなって。

その軸をぶらさずに、ブームに乗っかってSNSとかを必死こいて頑張っちゃうよりも、クオリティの高い商品を提案していく事が大事なんじゃないのかと思います。

いくら今の時代がファストみたいなチープファッションが隆盛していても、結局それはヤダって天邪鬼な人や質にこだわるって人は一定数はいるので。

いや、お前もたいがい長いよ!!

というわけで、上で挙げた様な2つだけでも見直すというか、意識してみるだけでも今の状況が結構変わってくるんじゃないかなって思います。

っと冒頭の質問に対して答えたのですが、話膨らませ過ぎだし、僕も大概長いですね。

そこから特に建設的な話になったわけでもないですが、自分的には満足いく時間だったわけです。

僕が使えるとか使えないかとか、コンサルティングがいるか、いらないかとかって事よりも、こういう何にもない種から、思わぬ花が咲く事があると思うので。

なぜか上からマウンティングしようとしてくる、自称ファッションエリートの方々、もう少し謙虚にしたらいかがでしょうか。

俺すごいでしょ!自慢はもう聞き飽きた。