まだ英語を覚えてないのは、小売をするなら危機感なさすぎ。

こんにちは、増田です。

以前にも日本人の英語の出来なさがやばいなぁなんて話をしました。

今英語できない方は覚える気ありますか?

覚えようと言う気があるなら、大丈夫です。

語学力が低いのに、私には関係ないやって人、接客業なのに接客英語もできない人はマジで「ヤバイ」です。

冗談じゃなくて、移民は増えると思います。

海外ではもはや普通のことである「移民」の受け入れ。

昔から日本人も色んな国へ移民として移住していますね。

とはいえ、そもそもの文化が違うので一概に同じには語れませんが、人口が減っていき労働力が少なくっている日本でも、近い将来で考えなければいけない時が来ると思います。

日本では英語だけに限らず、他国の語学を学ぶ機会や、必要性が諸外国に比べると非常に低いです。

島国ということもあり、外国語に触れることが少ない事と、他外国語の様に、英語から訳せない母国語が少ないのも要因と言われています。

良い意味では日本は他国から強い影響を強要される機会が少なかった、とても恵まれた国でもあると思います。

ただ今はそれがマイナスになっているシーンも出てきているんじゃないかと思うわけですよ。

僕自身、海外旅行にはよく行きますが、英語が通じない国はちょっと面倒くさいなと思ってしまいます。

内需に頼りがちなのは語学力の低さから?

よく、お隣の韓国では、内需が少ないため、グローパル戦略を最初から考えているから、世界に通用するなんて話があります。

それに関しては「何言ってんだよ」って思います。

別に日本人や日本企業が内需だけに頼ってる訳じゃないし、グローバル戦略を考えていない訳でもないです。

「外国語を喋れる人間がいないから、日本にしか販売できない」「外国の知識が無いから、海外展開のマーケティングができない」

ってのが僕のクライアントさんでも、お話を聞いていると多いです。

そもそも海外展開に関してはもちろんメリット、デメリットがあって、別に海外に向けて何かをすれば業績が上がるって訳では無いです。

ただ日本では斜陽産業だと言われている、アパレル業界ですが、世界的には成長産業だったりする国もいっぱいあります。

なので、世界的な市況知るだけでも、立てられる戦略は圧倒的に増えます。

先述したのは輸出に目を向けた話ですが、輸出じゃないにしてもインバウンドに対してのアピールが出来るかどうかでも、国内での業績が大きく変わってきます。

日本のドメスティックブランドが国内定価の2倍ぐらいで中国のタオバオやT-mallで販売されている例なんていくらでもあります。

彼らの情報源である百度(バイドゥ)や微信(ウィーチャット)などでは、日本国内在住の中国人の方が絶えず、様々な日本の情報を発信していて、観光客はそれらの情報を見て買い物に来ている方も多いです。

そんなインバウンドを掴めるだけでも目先の業績は大きく変わって来ます。

オリンピックまでに4000万人のインバウンド

2020年に行われる東京オリンピックに向けて、日本政府は4000万人のインバウンドを目標に掲げています。

東京だけではなく地方都市や、今までは海外のお客様が、殆ど居なかった地方にだって、近年は外国人観光客が来店しています。

「単に観光客が買っていってくれて、目先の売上を増やす」ってだけじゃなくて、顧客作りの可能性が海外まで広がることです。

先日の記事にもあげましたが、今の時代誰だってWebshopは作れます。

遠い外国の方が、日本の事や、伝統工芸の事を日本人より良く知ってます。

めちゃくちゃありがたい話じゃないですか。

「語学に強くなる」ということをこれらに結びつけるのは強引かもしれませんが、確実に精度は上がります。

冷え切った内需に望みを持つくらいなら、海外攻めるってのも一つの手ですよね。

すでに飽和状態のアパレルで頭角を表すには土俵を変える方が戦いやすいじゃないですか。

たかが英語を覚えるだけで、状況は大きく変わって来るので、チャレンジしてみませんか?

それではまた!!