意味不明だけど面白い!!スノーピークと着物専門店のコラボ!?

こんにちは増田です。

なんだか暖かくなったり、寒くなったり、風邪をひいてしまいそうな季節ですね。

ただ、もうそろそろ、アウトドアが快適な季節になってくると言うことで、個人的にはすごく楽しみにしています。

そんな中でとっても面白いコラボがあったので、そちらについて書こうと思います。

スノーピークが着物とコラボ!?

WWDを読んでいると、こんな記事がありました。

「スノーピーク(SNOW PEAK)」は4月26日、着物専門店きものやまととコラボしたアウトドアシーンで気軽に着られる着物“アウトドア キモノ(OUTDOOR KIMONO)”を発売する。13日から公式サイトで予約を開始する。サイズはユニセックスでXS〜XLの5サイズを展開。ネイビー、グレー、グリーンの無地(3万9000円)とホワイト、ネイビーの柄(4万9000円)を用意する。

同商品は、“着物で楽しむ日本らしいアウトドアの雛型を一緒に創りたい”という想いから誕生した。帯をしなくても着用でき、ウエスト部分に取りつけたボタンと取り外しが可能なバックルベルトで留めることができる。素材は、東レが開発した軽量で通気性と速乾性に優れた“ドットエア (Dot Air)”を採用した。

きものやまとは、1917年創業の日本全国に120店舗を構える着物専門店。

※WWDの記事より抜粋

なかなか意味不明っすね!

特に《着物で楽しむ日本らしいアウトドアの雛型を一緒に創りたい》ってところがなんとも意味不明です。

でもこれってトレンドを作る上ではすごく大事なことだと僕は思うんです。

卵が先か、鶏が先かって話

よく営業とかしてると、この《卵が先か鶏が先か》って言葉は耳にするかと思います。

アパレルに置き換えると、売れるものを作るときに、すでにトレンドで売れてる物の改良品を作るか、自分たちがこういう服が売れると思うものを作るかっていう形で、前者がアパレルブランド、後者がコレクションブランドって大まかに言うと当てはまるのかなって思います。

どちらも間違いではなくて、この両方がバランスよくあるからこそ、業界は面白くなっていくんじゃないのかなって思います。

現状は前者がばかりが増えてしまっているので、量産型アパレルなんて揶揄されてしまっていますね。

今回の件で「着物でアウトドア」っておしゃれでしょ!!なんてトレンドになれば、見事に鶏を生み出すことになりますよね。

まとめ

アパレル業界の現状がよくわかる本で《誰がアパレルを殺すのか》という本があります。

この本では変われない企業の悲惨さや、いち早く斜陽化してきたアパレル業界のことがよくわかります。

興味があれば一度読んでみてほしいのですが、この本はアパレルだけじゃなくて、他の製造業にも必ず訪れる内容だと思います。

その現状を打破する意味で、先述した取り組みは新しいムーブメントを作ろうと挑戦している事が意味不明だけど、面白いと思った理由です。

それではまた!!

誰がアパレルを殺すのか

新品価格
¥1,620から
(2018/4/16 10:23時点)