カタール航空のエコノミーシートに乗ってみた

先日のハワイアン航空に続き、今回はカタール航空のお話。

カタール航空は、日本⇔欧州の航空券を検索すると、最安値の欄には中東系エアライン(エミレーツ・エティハド・カタール)がよく現れます。

FCバルセロナのスポンサーだった事でも知られていますね。

このカタール航空、前回の記事にも書きましたが、トランジットの場合にはドーハでの無料で参加できる市内ツアー(※一定の条件あり。)に参加できるという点もすごくいいのです。

▼前回の記事はこちら▼

◆チェックインから出発まで

今回は成田空港を22:20に出発しハマド国際空港に向かう便です。

久しぶりの成田は遠い…。

最寄駅のある都営浅草線だと、京成線と連結して一本なのですが、やはり遠く感じます。

余談ですが、京成スカイライナーの方が成田エクスプレスより早く到着する気がするのは僕だけか…。

20時をちょっと過ぎたぐらいに、成田空港第二ターミナルにつきます。

カタール航空はワンワールド加盟のエアラインなので、ステータスの無い僕はおとなしくエコノミーの列に並びます。

特に何の問題もなく、無事チェックインして、手荷物検査に向かいます。

ちなみに預け入れ手荷物は「重量30kg(66lb)、サイズ300cm(118in)以下」とHPにも記載があったのですが、2個預け入れれました。

個数は関係ないのかなぁ…。

いつも通り、iqosとアメリカンスピリットを1カートンずつ購入して、ゲートに向かいます。

ゲートは83番とえらく遠い。

無事83番が見つかり、とりあえず待機します。

ここで初めての展開ですが、出発が早まることが決定しており、22:00発になっていました。

この便はよく早まるらしいので、気をつけた方がよさそうです。

◆搭乗中〜到着まで

さていざ乗り込むと、シートはこんな感じ。このあたりは他の航空会社のエコノミーとさほど変わりません。

なんとなくヘッドレストがレザーなのが、ちょっと高級感ってぐらいですかね。

気になる設備はというと

アームレストにUSB給電がついていて、座席下に通常のコンセントも設置されています。

アメニティーもエコノミーですがついてきます。

耳栓、歯ブラシ、アイマスク、靴下がポーチに入っています。

エンタメも少しですが、邦画もあります。

洋画も日本語字幕対応なので楽に観れます。

この時間の便なので、ほとんどの人は食事を済ませてから搭乗していることでしょうが、がっつりメインの夕食が提供されます。

メインが洋食2種類、和食1種類、合計3種類から選択可能なのはすごいですね。

ドリンクメニューも記載されていて、中東系ながらアルコールもぜんぜん飲めるのに少し違和感を覚えました。

搭乗して1時間もしないうちにさっさと食事が配られます。

食事をしてきた後なので、とても苦しいですが、もったいないので、頑張って食べます。

カタール航空に限らず、外資系のエアラインのCAさんたちは普段日系のエアラインに乗り慣れていると、冷たく感じますが、話しかけると全然そんなことないです。

むしろフランクさがより強いので、個人的には親近感が湧きます。

今回は日本線なんですが、日本人のCAさんは一人もいませんでした。

アナウンスが日本語もあったので、どこかにいたのかもしれませんが。

食事後はコーヒーもしくは紅茶のサービスがあります。

ミールサービスが終了すると、時間も時間なので、機内は消灯されます。

ここで寝ないと、翌日が本当にしんどいので、何とか一生懸命寝ます。

ドーハまで残り2時間ぐらいになると、今度は朝食が配られます。

だいたい朝食って、サンドウィッチやホットスナックがぽんって出てくるイメージですが、カタール航空は結構がっつりです。

◆着陸から入国まで

日本とドーハの時差は6時間で、日本からの飛行時間は12時間ほどなので、こっちは真夜中です。

無事に着陸後は簡単なトランジット検査を終え、ハマド国際空港に到着です。

このハマド国際空港は2014年開業だけあって中はピカピカで、設備や商業施設もドバイや仁川、チャンギなどのハブ空港と比べても遜色がないくらいデカイです。

あちこちにi macが設置されていてお金持ち感満載です。

この時はトランジットツアーに参加予定だったので、受付デスクに向かいます。

その辺は別記事に書いているので、そちらをご覧ください。

◆搭乗してみて

スカイトレックスのNO1に選ばれている航空会社だということもあって、大いに期待しましたが、日系のエアラインに乗り慣れていると、日本人の僕にとってはそこまで遜色がなく感じました。

もしかしたら、ビジネスクラスや、ファーストクラスだと差が出てるのかもしれません。

ただ値段は日系と比べて圧倒的に安いですし、ヨーロッパ方面への渡航で、いずれにしてもトランジットをしなければならないのであれば、是非ともおすすめする航空会社です。

頑張ってワンワールドのステータスをゲットすれば、カタール航空のラウンジも利用できるのになぁ…。

▼飛行機に乗るなら知っておきたい豆知識はこちら▼

それではまた!!