初めてタイに行く方へ

こんにちは増田です。

さてよくよくBLOGを見返して見ると、旅先のお話しを書き始めたものの、完結していないお話しがいっぱいです。

ただ気分が乗らなくてかけてないだけなんですが….。

そんな中今回気分が乗ったと言いますか、近々行きたいなって思って日程を検討していたところなので、タイについて書きたいと思います。

◆タイという国

北、東、西の三方は隣接するラオス、カンボジア、ミャンマーなどの国と川や国境線などで境目が定められていて、南はマレーシアに接しています。

面積はというと日本の約1.3倍の大きさのある東南アジアの国です。

面積は日本より大きいですが、人口は日本が約1億3千万人、タイが人口約6700万人と日本の半分といったところです。

首都はバンコクです。

正式には日本語で「タイ王国」といって王様がいる王制の国ですので王国となるのは当たり前なのですが、現在の王様はプミポン国王、9代目の王様ですのでラマ9世となります。

(ちなみに王制と言っても日本と同じ立憲君主制なので、日本と同じように象徴として王様がいる感じです。)

お寺が人気で数も多いタイは日本と同じ仏教国で、人口の95%が仏教徒であると言われています。

しかも男性は人生で一度は出家をし、お寺で修行をしなければならないそうで、出家期間は人や家庭により異なるそうですが、だいたい1週間から3ヶ月に及ぶそうです。

◆日本からの距離と航空会社

あくまで直行便に限ってのお話しですが、日本からバンコクまでは、タイ国際航空、全日空、日本航空、デルタ航空の直行便が運航されています。

LCCではジェット・アジア、タイ・エア アジアが直行便があります。

日本から直行便が就航している都市は東京(成田・羽田)、大阪、名古屋、福岡、札幌です。

だいたいの飛行時間は6時間半〜7時間程度です。

レガシーキャリアだとスワンナプーム国際空港、LCCだとドンムアン空港に着陸します。

経由便を利用すれば行き方も航空会社も色々あるので、過去記事でご紹介したスカイスキャナーなんかも使用してみてください。

(僕はだいたいLCCで安くて35,000円くらいから、レガシーキャリアで安くて55,000円くらいってイメージです。)



◆タイの物価

タイの通過はバーツと言います。

ざっくりですが、1バーツについては、ここ数年は3円前後で推移していますので、1バーツは約3円くらいと思っていれば大丈夫です。

2018年1月時点で、1バーツは3.48円です。(実際には少し違いますのでご注意下さい)

1万円を両替すると、手数料なんかを入れて約2,800バーツくらいになると思います。

だいたい皆さん東南アジアは一律で安いと思いがちですが、あたりまえですが物価はピンキリです。

モノの価格も、日本よりも高いものもいっぱいあります。

①食事

基本的な食事の料金は日本よりも安いです。

屋台だと、おおよそ40バーツ前後です。
フードコートでも、50~60ほどです。

日本円にすると、120円~200円以内でランチが可能なので、とても安いですね。

ただローカルのお店に限った話でマクドナルドやスタバなどは日本と対して変わらないです。

②お酒

日本よりも少し安いです。

コンビニで缶ビールを買う場合は、日本だと200円ちょっとぐらいですが、タイだとシンハービールやチャーンビールが120円ちょいぐらいで購入できます。

注意点として、タイでは関税が凄いので、日本の地ビールを直輸入したら、凄く値段は上がります。

③乗り物

電車については、安いです。地下鉄で1区間だと、15バーツほどで日本円だと約50円です。

タクシーは初乗りは35バーツですので、120円ほどからスタートです。

日本だと、短い区間を乗ると「は?まじで?」みたいな感じで運転手さんに嫌がれる事もあるかもしれませんが、タイだと逆です。

混んでいる時間だと、乗車拒否は普通ですし、遠い場所には行きたくない!というのが基本です。

短い距離でも全然OK!なスタンスなので、タクシーは乗りやすいと思います。

ただ白タクシーが多いので、相手が日本人だと思うと、すぐに料金交渉してくるタクシーもいます。

心配な人はUBERを使えばいいと思います。

日用品や雑貨なども現地のものを選べば安いですが、日本のものや、欧米諸国のものを選ぶとさほど値段はかわりません。

総合的には、日本よりも一部を除いて物価は安いと思いますが、近年のタイ人気で物価はグイグイ上がってるので、僕も行くたびにこんなに高かったっけ?って気分になります。

ただ初めての方で数日間の旅行や短期出張の場合は、日本よりも安い!って感覚で過ごせると思います。

とまぁ触りの情報だけ記載したんですが、タイにはバンコク、チェンマイ、プーケットなど魅力的な場所がいっぱいあります。

治安も比較的安全なので、是非是非参考にしていただいて行ってみてもらえれば幸いです。

また詳しくは現地に行った際に書きたいとおもいます。